d564bd4d.jpg
9f831b88.jpg
すべての構造材に墨付けが終わり、刻み作業に移りました。
電気道具はもちろん、鑿(のみ)鉋(かんな)のこぎりなどを主につかいます。
余談ですが、最近の大工さんはプレカットが主流になり、刃物をとぐ事もできない大工さんもいます。ということは、鑿・鉋を持っていない大工さんもいるということです。
写真に載っている鑿は、突き鑿といい、主にこの刻み作業に使います。