若い衆のエクステリア日記

山武の若い衆が現場からレポートします! 若い衆の主な仕事は、レッドシダー、ハードウッド(ウリンなど)を使ったオリジナルのウッドフェンス・デッキの制作施工です!

続きまして土台!

a7d3e750.jpg

土台の材料となる木も防腐効果のある、ヒノキです。山武では米ヒバも土台に使いますが、今回はヒノキを使います。建ち前まであと8日!!

山武の柱です!

35875a70.jpg

申し訳ありません、A邸の実況中継をやっと更新です!A邸の柱で、66本と、土台から二階まで通る、通し柱の72本の柱です。米ヒバといい、腐りにくい方の木です!節も大してなく、とてもキレイ笑いです!!

9.3 ルーバー工事 横ザン

1b93f37d.jpg
f7a8c2e2.jpg
横ザンタイプです。目隠しのつもりであれば、高さをもう少しあげたら良かったかなと僕は思いました。吹きつけ風の壁にとてもマッチしてカッコよくなりました。

9.3 ルーバー工事 アジロ

96a206cb.jpg
山武オリジナルルーバーの一つ、アジロタイプです。
足元は隠れて見えませんが、ステンレスの足になっています。

過去の作品から

fcacb9ef.jpg

この上の写真は、山武オリジナルルーバー(横ザン)を取り付ける前の写真です。
夜にでもなれば、外からの視線がどうしても気になりますが・・・・
f2e7b56a.jpg

何ということでしょう、外部からの視線はうまくさえぎられ、ボリューム感・高級感もましました。

刻む

d564bd4d.jpg
9f831b88.jpg
すべての構造材に墨付けが終わり、刻み作業に移りました。
電気道具はもちろん、鑿(のみ)鉋(かんな)のこぎりなどを主につかいます。
余談ですが、最近の大工さんはプレカットが主流になり、刃物をとぐ事もできない大工さんもいます。ということは、鑿・鉋を持っていない大工さんもいるということです。
写真に載っている鑿は、突き鑿といい、主にこの刻み作業に使います。

御馬神社

373829bb.jpg

御馬神社という神社で、サッシで囲いをさせていただきました!
73adff02.jpg

石の目地に川名砂をつめ、高さをそろえました!
c461a283.jpg

神社の中の木などは、勝手に抜いたり移動してはいけません。
その為、神社のなかにある木には蝉の抜け殻だらけです!載っている写真でわかるように、これでもか!ってくらいに脱皮しまくりです(笑)

墨付け作業

199b18de.jpg
まっすぐな線をひくためのつぼさしがねなどを使い、構造材に墨をしていきます。
この作業中は話かけても、返事が返ってきません。真剣そのものなのです!
カッコいいです!

8.25 デッキ・手すり工事

61b2f984.jpg

写真左側に見える横ザンのルーバーは、です。ここから出入りできるようになっています。
手すりもいい目隠しになっています。
d282852e.jpg

デッキ上に切り抜いてある箇所があります。ここには木を植えるのですが、木があることで、さらにカッコよくなります!すべて山武オリジナルです!
応援お願いします!
木雑貨shop
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ